【青森市で相続のご相談なら相続のご相談・税金の申告なら
青森市勝田の西谷会計事務所・西谷俊広税理士事務所まで!

計算の結果算出された相続税額から控除できるものがあります。


・配偶者控除
配偶者は法定相続分又は1億6千万円までの相続には税金がかかりません。


※適用を受けるためには、税金がゼロでも相続税の申告が必要となります。


・未成年者控除
20歳未満の相続人は、6万円×(20歳-相続開始時の年齢)が税金から控除されます。なお、平成25年税制改正により、平成27年1月1日以降の相続については6万円が10万円となります。


・障害者控除
障害者である相続人は、6万円(特別障害者は12万円)×(85歳-相続開始時の年齢)が税金から控除されます。なお、平成25年税制改正により、平成27年1月1日以降の相続については6万円が10万円(特別障害者は20万円)となります


・贈与税額控除
相続財産に加算された贈与財産に対する贈与税は、税額から控除されます。


・相次相続控除
10年以内に続けて相続があると、2回目の相続では1回目に払った税金の一部を差引くことができます。


・外国税額控除
海外で相続税を払った場合、外国に払った税金分を控除できます。




○2割加算
相続又は遺贈によって財産を取得した人が一親等の血族(代襲相続人となった孫等を含む)及び配偶者以外である場合には、各人の算出相続税額にその20%相当額を加算します。被相続人の兄弟姉妹、代襲相続人ではない被相続人の孫、まったくの第三者などの場合です。


平成23年12月10日現在