【青森市で成功する起業・創業の基礎知識起業相談・融資相談・記帳代行なら
青森市勝田の西谷会計事務所・西谷俊広税理士事務所まで!

定款とは会社名、事業の目的、本店の所在地、資本金額など会社の基本的な事項を定めたものをいいます。定款は作成した後に、公証人役場の認証を受けなければなりません。認証を受けると設立の登記ができます。


定款には絶対的記載事項といって、必ず記載しておかなければならない項目があります。その他にも相対的記載事項(定款に記載する必要はないが、記載すれば法的効力が認められるもの)、任意的記載事項(記載する義務はないが、記載すれば方針として明確化されるもの)があり、それぞれ法律の規定で定められています。


○絶対的記載事項
・会社の目的 → 事業目的のことです
・会社の商号 → 会社名のことです
・本店の所在地
・会社設立に際して出資される財産の価額又はその最低額
 → 資本金のことです
・会社設立のの発起人の氏名又は名称及び住所
 → 設立者のことです


○相対的記載事項及び任意的記載事項


法律は大きな会社などすべての会社を念頭に網羅的に定めていますので、項目は多岐にわたります。起業・創業の場合の段階では関係がないものも多々ありますが、役員は誰にするか、役員の任期を延長するか、決算期はどうするかについては、最低限、定款作成段階で決めておく必要があります。