【青森市で成功する起業・創業の基礎知識起業相談・融資相談・記帳代行なら
青森市勝田の西谷会計事務所・西谷俊広税理士事務所まで!

事業を始めるにあたり、個人事業でするか会社でするかは自由です。一般的には個人事業で始める方が手続き面では楽ですが、信用面など会社形態の方が商売をしやすいこともあります。さらに、会社形態を選ぶ場合には、株式会社にするか合同会社にするかを決めなければなりません。


※有限会社は平成18年の会社法施行まで設立可能だった会社組織で、現在では設立できません。かつては株式会社は資本金1,000万円が必要だったのに対し、有限会社は資本金は300万円が必要でした。有限会社は、株式会社に対して小規模・小資本な会社形態を想定していたわけです。


会社設立の流れは、おおまかにいうと定款作成→定款認証→出資金払込→登記となります。司法書士や行政書士に依頼するケースが多いですが、自分でもすることができます。


定款作成にあたっては、会社の名前や決算期、事業目的、資本金をいくらにするか、取締役を何人置くか以外の項目については、ひな形を利用するケースが多いでしょう。定款認証は公証人役場(長島の阿保歯科ビル4階です)、出資金払込は通帳に資本金相当額の入金が必要です(この段階では、まだ会社設立前なので会社の通帳はありません)。登記は法務局です(新町の合同庁舎ビル5階です)。