【青森市の医業の方へ医師・歯科医師の確定申告なら
青森市勝田の西谷会計事務所・西谷俊広税理士事務所まで!

【青森市の医業の方へ】青森市勝田の西谷会計事務所・西谷俊広税理士事務所HOME > 新規開業の税務
経営・税務の基礎知識
新規開業の税務

【個人事業主の節税①】にもありますが、青色申告の届や専従者給与の届は是非行った方がよろしいです。

青色申告の出:申告をしようとする年の3月15日までに提出(その年の1月16日以後、新たに事業を開始した場合には、その事業開始等の日から2月以内)。


専従者給与の届:青色事業専従者給与額を必要経費に算入しようとする年の3月15日までに提出(その年の1月16日以後に開業した人や新たに専従者がいることとなった人は、その開業の日や専従者がいることとなった日から2月以内)。


それに加えて、新規に医院を開設する場合には、開業に要した費用も必要経費となりますので、領収書などはしっかりと保管しておくことをお勧めします。





開業準備に要した費用は「開業費」として繰延資産に計上されます。この繰延資産は任意償却が可能です。つまり、利益の出た時に必要経費に振り替えることができます(「償却」といいます)。一般的には、開院の月にもよりますが、開院初年度は十分な利益はでませんので、開業費は資産として計上しておきます。2年目以降に利益が出た時に必要経費に振り替えます。振替金額も任意でかまいません。


開院の準備段階は多忙ですので、領収書などついつい紛失しがちですが、きちんと保管しておくと税務上は節税できることになります。あと、細かい話ですが、お花などで頂いた開院祝いについては税務上の処理は必要ありませんが、お金で頂いたお祝いについては税務上は収入に計上しなければなりませんので注意が必要です。


平成26年1月16日